LINK
渡された利用レシート保存する必要はある。結論からはじめに申し上げると保有する必要は別にありません。個人によっては保有していることによって個々が使用した証拠を保管したいという際残せばよいことだろうし、反対に言うとそのような証拠は必要でないと思うのであれば保管しておく必要性はないのです。しかし定期的に郵送される利用履歴との確認をする際においてはこれらの利用レシートは必要です。それまで少なくとも保管しないとどこでいくら使用したかということについて明確でなくなることだけでは済まず、間違えた請求や二重請求についての照らし合わせさえもできないため気をつける必要があります。おそらくカードを利用した内容についてはレシートを持っていないと覚えておくことはできないはずです。少なくとも使用履歴が到着する1ヶ月・2ヶ月程度はなくさずに捨てないようにしたいものである。クレジットの利用レシート処分の手段・・・カードの明細レシート処分方法はとにかく簡単です。誰かに不正な利用をされないよう、できるだけバラバラに切って破棄するだけで大丈夫。シュレッダーなどが自宅で使える場合は念のため利用しても良いでしょう。なんと言ってもカードの利用履歴を記載している明細レシートであるのだからクレカ番号など、個人情報を知られてしまう情報がいっぱい詰まっているのです。ただのレシートと軽視せず、注意を払って行うべきでしょう。犯罪防止のためにレシートに番号などの個人の情報が記載されていないことも出てきているが油断は禁物であると思います。