LINK
車の全損とは文字通り車の全機能が故障してしまう場合で、言い換えれば走ることが出来ないように乗り物としての任務を満たさなくなった際に使用されますが自動車保険で言う全損は多少同義ではない内容が込められていたりします。乗用車の保険の場合では乗用車が壊れた場合には〈全損と分損〉というように2つに分けられ「分損」は修復費が保険金でおさまる場面を指し、その場合とは逆に【全損】とは修理費が補償額を超えることを言います。通常、車の修理で(全損)という状況では車の心臓、エンジンに決定的な損害が存在したり自動車の骨格が変形して修理が難しい場合リユースか廃棄と結論付けられるのが当然です。しかし、車の事故が発生してディーラーや車の保険屋さんがかかる修復費を算出した場面で、どれほど見た目がきちんとしていて修理ができる場面でも修理費が保険額よりも高ければ何のために自動車保険に加入しているのか分からなくなるでしょう。このような場合では、(全損)と判定して乗用車の所有権を保険会社へ引き渡して保険額を頂くようになっています。当然それなりの期間連れ添った自動車で未練があり、自分で費用を出して修復をしてでも使用したいという人はたくさんいるので状況によっては車の保険屋さんと相談するといいのかもしれません。そして、 保険の種類によってはこういった場合のために車両全損時諸費用補償特約など(全損)のために特約つけている状態がいっぱりありたとえ車が『全損』なっても新車購入等の経費を一部分でも補償してくれる時も実在します。さらに盗まれた場合の保険の特約をつけるならば、とられてしまった乗用車が見つからないケースでも(全損)の扱いで保険金が払われるようになっているのです。