LINK
キャッシングサービスなどの引き落し方法というものは、会社の方針によってかなりギャップというものがありまして様々なメソッドが取り入れられています。類型的なところではスライド法やリボ方式が取り入れられているようです。またかかる誰しもが知っているリボルディング払いですけれども、実際のところ算定法に様々な形式といったものがあったりします。ゆえに其の種類によって返済総額が違ってきてしまうのですから、心得ておいて損をするようなことはないと思います。そうしたら理解しやすくこれらの方式の相違についてを解説します。一つは元金均等払いで、その次は元利均等払いです。それぞれそう呼ばれているように、元本を均分にして支払っていくのと元金と利率について一緒にして均等に支払っていく方式になります。今回はもしも10万円借金したと仮定し具体的にどんな計算をしていくのか試してみましょう。利分についてはどちらも15%とし計算します。リボルディング払いなどの返済額は1万円として計算します。最初に元金均等払いからいきましょう。こうした場合の1度目の支払については1万円へ金利分1250円を加算した引き落とし金額となります。次回の支払いについては1万円へ利息1125円を計上した金額になるのです。かくして全10回にて返済を終わらせるという形式です。これに対して元利均等払いは1回目の支払は1万円ですがそこから元金へ8750円、金利に1250円といった具合に割り振ります。その次の返済は元本が8750円へと減った状態で利子を勘定しその1万円から再度割り振るのです。つまり元利均等払いの場合では10回で支払が終了しないという算出になるのです。こればかりのギャップで二者がどれぐらい相違してるのかということが十分に分かって頂けたでしょう。元利均等というのは元金均等と比較し顕然と元金が縮小していくのが遅いといった難点といったものがあったりします。換言すれば利息といったものをおおく払うという状態になってしまうのです。他方1回目の支払いが少なくて済んでしまったと言う長所というものも存在したりします。かくのごとき引き落し形式についての違いによって、支払額は相異なってくるのでご自分の返済計画に応じた使い方を取るようにしてください。